メニュー

院外処方箋における事前合意

 薬剤師による疑義照会は医薬品の適正使用上、薬剤師法に基づく極めて重要な業務であり、患者個々の病状等を勘案した疑義照会は重要です。一方で形式的な問い合わせも多く、患者・薬局薬剤師・病院全てに負担が生じている場合があります。

 金沢聖霊総合病院(以下、当院)では、平成22年4月30日付 厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコルに基づく薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者への薬学的ケアの充実および処方医師の負担軽減を図る目的で、「院外処方箋における事前合意プロトコル」の運用を開始します。

 

院外処方箋における事前合意プロトコル.pdf

事前合意プロトコルに基づく変更報告書.pdf

事前合意プロトコル合意書.pdf

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME